スズキ・メソードのOB・OG会です。「心のふるさとキラキラ星」を共有する皆様と
 「一生楽しめるスズキ・メソード」をめざします。

バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット  町田公演
2017年3月26日(日)16:00開演 ワーグナー・ファンの聖地、バイロイトで長年音楽祭に参加する4人による世界でも稀に見るヴァイオリンだけの四重奏団。スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん(ヴァイオリン)も出演されます。 クリックで拡大アートスペース・オー ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】5,000円(全席自由)  ※100席、予約が必要です。 曲目 ラモー:「オペラ組曲」エディション・オッフェンブルク編曲 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・ラヴェル:「クープランの墓」 ・フンメル:4つのヴァイオリンのためのディヴェルティメント ・ドント:カルテット 作品42 《問》アートスペース・オー  tel.042-796-3971
第82回鈴木鎮一記念館コンサート
萩原尚子ヴァイオリン・リサイタル
2017年3月26日(日)14:00開演 OGでケルンWDR交響楽団コンサートマスターの萩原尚子さん(ヴァイオリン)とOGの石川咲子さんとのデュオをお楽しみください。2月19日の振替公演となります。 鈴木鎮一記念館 萩原尚子(ヴァイオリン)、石川咲子(ピアノ) 【入場料】無料 曲目 ・クライスラー:愛の喜び ・クライスラー:愛の悲しみ ・クライスラー:ロンディーノ ・ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 「クロイツェル」 Op. 47 《問》鈴木鎮一記念館 tel.090-4598-0153
相馬子どもオーケストラ&コーラス支援チャリティーコンサート
バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット in 相馬
2017年3月27日(月)18:30開演 世界で最も古い歴史を持つ〈バイロイト祝祭音楽祭〉を支えるアンサンブルが相馬にやってくる。ドイツ国内で確固たる地位の4人による極上の四重奏。スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん(ヴァイオリン)も出演されます。 クリックで拡大クリックで拡大はまなす館(相馬市総合福祉センター)大ホール ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】2,000円、高校生以下:無料(要整理券) (全席自由) ※本公演の収益は、エル・システマジャパンに寄付されます。 曲目 テレマン:4つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・クプコヴィッチ:「ヘプタゴノン組曲」より ・ヒラー:4つのヴァイオリンのためのカプリスop.203 ・番場俊之:「あの空…」 ・ダンクラ:8つのヴァリエーション(キラキラ星の主題による)op.161 《問》オアシス楽器店  tel.0244-35-4101
東京・春・音楽祭 バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット
2017年3月29日(水)19:00開演 バイロイト祝祭音楽祭を支えてきたアンサンブルが東京春祭再登場です。「夏の休暇を犠牲にしてもワーグナーを演奏したい」音楽家たちが集う祝祭オーケストラで長年活躍し、ワーグナーを熟知する4人による《リング》組曲は記念すべき世界初演。 クリックで拡大上野学園石橋メモリアルホール ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】S席 4,600円 A席 3,100円 U-25 1,500円(全席指定) 曲目 ラモー:4つのヴァイオリンのためのオペラ組曲 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・ラヴェル:クープランの墓 ・フンメル:4つのヴァイオリンのためのディヴェルティメント ・ドント:4つのヴァイオリンのための四重奏曲 ホ短調 op.42 《問》東京・春・音楽祭チケットサービス  tel.03-3322-9966
宮田大”大ism”Vol.8
2017年3月30日(木)19:00開演 早くから頭角を現し数々の国際コンクールを制覇しながら、時流に流されず、風向きを定めて独自の道を歩んでいるOB、宮田 大さんのシリーズ“大ism”。末広がりの8回目を迎えるにあたって、どうやら次のステップを臨んでいるようです。国際的な活躍を続けているヴァイオリニストでOGの竹澤恭子さんを迎えて、大曲2本立てプログラムをおおくりします。前半はハンガリーの情熱と民族色溢れるコダーイのデュオ、後半はチャイコフスキーの名曲「偉大な芸術家の思い出に」を、こちらは宮田と同年の、やはり若くして国際コンクールを制覇して以来我が道を行くピアニスト、田村 響さんとのトリオで真剣勝負。 クリックで拡大銀座王子ホール 宮田大(チェロ)、竹澤恭子(ヴァイオリン)、田村響(ピアノ) 【入場料】6,000円(全席指定) 曲目 コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 Op.7  ・チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 Op.50 「偉大な芸術家の思い出に」 《問》王子ホール チケットセンター tel.03-3567-9990
バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット  松本公演
2017年3月30日(木)19:00開演 スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん(ヴァイオリン)が8年ぶりに故郷松本のステージに登場します。 クリックで拡大クリックで拡大松本音楽文化ホール ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】2,500円(前売 2,000円)、大学生以下1,500円(前売1,000円)(全席自由) 曲目 テレマン:4つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・クプコヴィッチ:「ヘプタゴノン組曲」より ・ヒラー:4つのヴァイオリンのためのカプリスop.203 ・番場俊之:「あの空…」 ・ダンクラ:8つのヴァリエーション(キラキラ星の主題による)op.161 《問》松本市音楽文化ホール  tel.0263-47-2004
KCM Concert Series at Osaka Club No.110
川本嘉子(ヴィオラ) & 村田千佳(ピアノ)
音楽に託された愛の行方は…シューマンとブラームス その孤高の境地への追懐
2017年3月30日(木)19:00開演 OGの川本嘉子さん(ヴィオラ)がコンサートに出演されます。 クリックで拡大大阪倶楽部4階ホール 川本嘉子(ヴィオラ) 、 村田千佳(ピアノ) 【入場料】当日一般:5,000円、前売一般:4,000円(全席自由) 曲目 シューマン:女の愛と生涯 op.42  シューマン:幻想小曲集 op.73  シューマン:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ短調 op.105(ヴィオラ演奏による) ・ブラームス:6つの小品 op.118-2(ピアノ・ソロ) ・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 op.100(ヴィオラ演奏による) 《問》東京・春・音楽祭チケットサービス  tel.03-3322-9966
バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット 奈良公演
2017年3月31日(金)19:00開演 ワーグナー・ファンの聖地、バイロイトで長年音楽祭に参加する4人による世界でも稀に見るヴァイオリンだけの四重奏団。スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん(ヴァイオリン)も出演されます。 クリックで拡大秋篠音楽堂(奈良市) ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】3,500円(前売 3,000円) (全席自由) 曲目 テレマン:4つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・クプコヴィッチ:「ヘプタゴノン組曲」より ・ヒラー:4つのヴァイオリンのためのカプリスop.203 ・番場俊之:「あの空…」 ・ダンクラ:8つのヴァリエーション(キラキラ星の主題による)op.161 《問》秋篠音楽堂  tel.0742-35-7070
2017あきおおた国際音楽祭 with Bechstein
バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット 広島公演
2017年4月2日(日)13:30開演 ワーグナー・ファンの聖地、バイロイトで長年音楽祭に参加する4人による世界でも稀に見るヴァイオリンだけの四重奏団。スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん(ヴァイオリン)も出演されます。 クリックで拡大クリックで拡大安芸太田町 戸河内ふれあいセンター(広島県) ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】3,500円(前売 3,000円) 、高校生・大学生:1,500円、小学生・中学生:1,000円(全席自由) 曲目 テレマン:4つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・クプコヴィッチ:「ヘプタゴノン組曲」より ・ヒラー:4つのヴァイオリンのためのカプリスop.203 ・番場俊之:「あの空…」 ・ダンクラ:8つのヴァリエーション(キラキラ星の主題による)op.161 《問》あきおおた国際音楽祭事務局  tel.090-7540-8975(中川)
バイロイト祝祭ヴァイオリン・クァルテット 藤沢公演
2017年4月4日(火)19:00開演 ワーグナー・ファンの聖地、バイロイトで長年音楽祭に参加する4人による世界でも稀に見るヴァイオリンだけの四重奏団。スズキ・メソード出身の眞峯紀一郎さん(ヴァイオリン)も出演されます。 クリックで拡大レスプリ・フランセ(藤沢市) ベルンハント・ハルトーク(1st Vn)、ミヒャエル・フレンツェル(2nd Vn)、ウルフ・クラウゼニッツァ-(3rd Vn)、眞峯紀一郎(4th Vn) 【入場料】5,500円 曲目 テレマン:4つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 ・ワーグナー:「ニーベルングの指輪」組曲 ・クプコヴィッチ:「ヘプタゴノン組曲」より ・ヒラー:4つのヴァイオリンのためのカプリスop.203 ・番場俊之:「あの空…」 ・ダンクラ:8つのヴァリエーション(キラキラ星の主題による)op.161 《問》鵠沼室内楽愛好会事務局  tel.0466-36-6970
東京・春・音楽祭 東京のオペラの森2017
酒井 淳(チェロ) ピリオドとモダンで魅せる、春の舞曲(ロンド)
~齋藤秀雄メモリアル基金賞 受賞記念コンサート
2017年4月9日(日)15:00開演 第15回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞したOBのチェリスト、酒井淳さんが、東京・春・音楽祭で受賞記念コンサートを開きます。 クリックで拡大クリックで拡大上野学園石橋メモリアルホール 酒井 淳(チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ)、福間 彩(チェンバロ) 【入場料】 S席:3,600円、A席:2,600円、U-25:1,500円 曲目 ・バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 ・クープラン:通奏低音をともなうヴィオール曲集:組曲 第1番 ホ短調 ・バッハ :無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 ・クープラン:通奏低音をともなうヴィオール曲集:組曲 第2番 イ長調 《問》東京・春・音楽祭実行委員会 tel.03-5205-6497
鎌倉交響楽団
第109回定期演奏会
2017年4月9日(日)15:00開演 鎌響の定期演奏会に、OBの三浦章宏さん(ヴァイオリン)が出演、ラロのスペイン交響曲を独奏されます。 クリックで拡大横浜みなとみらい大ホール 井崎正浩(指揮)、三浦章宏(ヴァイオリン) 、新山恵理(オルガン) 【入場料】 1,500円(全席自由、当日券あり) 曲目 ・サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール ・ラロ:スペイン交響曲 ・サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」 《問》鎌倉交響楽団事務局(田中) tel.0467-25-3512
東京・春・音楽祭 東京のオペラの森ミュージアム・コンサート
吉田秀(コントラバス)&遠藤真理(チェロ)
2017年4月12日(水)19:00開演 N響首席奏者として、また多くの室内楽で低音を支える存在としても人間味溢れる活動を続ける吉田 秀さん。チェリストに、今もっとも輝きのあるOGの遠藤真理さんを迎え、低音楽器の魅力を余すことなく伝えるプログラムが実現しました。 国立科学博物館・日本館講堂 遠藤真理(チェロ)、吉田秀(コントラバス) 【入場料】3,600円(全席自由) 曲目 バリエール:チェロとコントラバスのためのソナタ ・バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 ・ロッシーニ:チェロとコントラバスのための二重奏曲 ニ長調
《問》東京・春・音楽祭チケットサービス tel.03-3322-9966
東京・春・音楽祭 ブラームスの室内楽Ⅳ
竹澤恭子(ヴァイオリン)&川本嘉子(ヴィオラ)&ヴァハン・マルディロシアン(ピアノ)
2017年4月14日(金)19:00開演 OGヴィオラ奏者、川本嘉子さんが中心となり、2014年から始まったブラームスの室内楽シリーズ。毎回多彩な共演者を迎え、真摯に音楽に取り組むことで評価を高めています。晩年のヴァイオリン・ソナタには盟友で、OGの竹澤恭子さんを迎えてお届けします。 クリックで拡大クリックで拡大東京文化会館小ホール 竹澤恭子(ヴァイオリン)、川本嘉子(ヴィオラ)、ヴァハン・マルディロシアン(ピアノ) 【入場料】S席:5,700円、A席:4,100円、U-25席:1,500円(全席指定) 曲目 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 op.100 (ヴィオラ版) ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 op.108 ブラームス:主題と変奏 二短調 op.18b ブラームス:ホルン三重奏曲 変ホ長調 op.40 (ヴィオラ版) 《問》東京・春・音楽祭チケットサービス tel.03-3322-9966 →公演についての川本嘉子さんがインタビューに答えています。
森田啓佑チェロリサイタル
2017年4月16日(日)14:00開演 桐朋女子高等学校音楽科に在学中の2014年に全日本学生音楽コンクールと日本音楽コンクールの同時2冠を果たしたOBのチェリスト、森田啓佑さんがリサイタルを開かれます。 クリックで拡大プリモ芸術工房(東急目黒線洗足駅) 森田啓佑(チェロ)、諸田由里子(ピアノ) 【入場料】2,000円 曲目 プロコフィエフ:チェロソナタ ハ長調 作品119 ・R.シュトラウス:チェロソナタ へ長調 作品6 ほか 《問》 プリモ芸術工房 tel.03-6421-6917
フィルハーモニア・アンサンブル東京 第8回演奏会
2017年4月30日(日)19:00 開演 カラヤン時代のベルリン・フィルでヴィオラ奏者として活躍された土屋邦雄さんが率いるフィルハーモニア・アンサンブル東京の演奏会に、OB・OG会事務局の新 巳喜男さんがヴァイオリンで出演しました クリックで拡大クリックで拡大三鷹市芸術文化センター風のホール 長田浩一 (オーボエ)、赤池優(ソプラノ)、北村和弘(トランペット)、土屋邦雄(指揮)、フィルハーモニア・アンサンブル東京(管弦楽) 【入場料】3,000円(全席自由) 曲目 ・モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調 KV314(285d) ・モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」へ長調KV165(158a) ・ハイドン:トランペット協奏曲変ホ長調Hob.VⅡe-1 ・ハイドン:交響曲 第100番「軍隊」 ト長調 Hob.I.100 《問》フィルハーモニア・アンサンブル東京→メール
江澤聖子ピアノリサイタル2017
〜ピアノソナタでめぐる変奏の世界
2017年5月21日(日)14:00開演 OGの江澤聖子さんが2年半ぶりにリサイタルを開かれます。今回は、「ベートーヴェンのピアノソナタでめぐる変奏の世界」と題し、ベートーヴェンが生涯にわたって作曲を続けた32曲のソナタの中から、彼の得意とする変奏曲がくみこまれている作品を4曲取り上げ、初期から後期の傑作の魅力を存分に味わっていただきます。 クリックで拡大浜離宮朝日ホール 江澤聖子(ピアノ) 【入場料】一般:3,500円、学生:2,500円(全席自由) 曲目 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第12番変イ長調作品26「葬送」 ・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調作品57「熱情」 ・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調作品109 ・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調作品111
《問》新演 tel.03-3561-5012
グスタフ・マーラーアンサンブル
〜ウィーンわが夢の街
2017年6月4日(日)14:00開演 OGの大竹貴子さん(ヴァイオリン)が、ウィーン音楽たっぷりのコンサートに出演されます。 クリックで拡大クリックで拡大松本市音楽文化ホール アレクサンダー・バーギャセル、大竹貴子(ヴァイオリン)、ペーター・ザガイシェク(ヴィオラ)、ニコラス・ストラーカー(チェロ)、マティアス・シュルツ(フルート)、モニカ・モッシャー(ソプラノ)
【入場料】一般:3,500円、大学生以下’:2,000円(全席指定) 曲目 ハイドン:弦楽四重奏曲 変ロ長調「日の出」作品76-4 ・ J.シュトラウスⅡ:ジーフェリングのリラの花 ~喜歌劇『踊り子ファニー・エルスラー』より  ・ J.シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「浮気心」op.319  ・ ビゼー:アルルの女 第2組曲より「メヌエット」 ・ R.シュトルツ:ウィーンは夜が一番美しい ~喜歌劇『春のパレード』より ・ ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 ・ モーツァルト:弦楽四重奏曲 第17番 変ロ長調 K.458「狩」 ・ シュトラウスⅠ:ギャロップ「ため息」op.9 ・ レハール:私の唇に熱き口づけを ~喜歌劇『ジュディッタ』より 《問》松本市音楽文化ホール tel.0263-47-2004
堤剛&荻原麻未 デュオ・リサイタル
2017年7月8日(土)15:00開演 チェロ界の重鎮、OBの堤剛さんと、きらめく感性のピアニスト、荻原麻未さんの極上のデュオ! クリックで拡大Hakuju Hall 堤剛(チェロ)、荻原麻未(ピアノ) 【入場料】6,000円(全席指定) 曲目 ベートーヴェン:モーツァルトの「魔笛」の“娘か女か”の主題による12の変奏曲 ヘ長調 op.66 ・フランク:チェロ・ソナタ イ長調 ・三善晃:母と子のための音楽  1.甘い-子守歌-愛  2.慰め-優しい-やわらぎ  3.想い出-哀しい-癒し  4.お話-幻想  5.さわやか-目覚める ・R. シュトラウス:チェロ・ソナタ ヘ長調 op. 6 《問》Hakuju Hallチケットセンター te.03-5478-8700(火~土 10:00~18:00 祝日・休館日を除く)