スズキ・メソードのOB・OG会です。「心のふるさとキラキラ星」を共有する皆様と
 「一生楽しめるスズキ・メソード」をめざします。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Q1: どのような人がスズキ・メソードOB・OG会(本会)の会員となることができるのですか。
①本会の会則第5条に次の人が会員となることができると定められています。
(イ)社団法人才能教育研究会または国際スズキ協会(ISA)傘下の団体に在籍したことのある者
(ロ)その他、本会に入会を希望する者のうち、常務理事会が承認した者
つまり、才能教育の支部(外国の教室も含む)で1日でもヴァイオリン、チェロ、フルート、ピアノを学んだことがあり、その後退会された方も、そのまま会員資格があります。
②上の(イ)(ロ)に適えばどなたでも会員となっていただくことができるのです。このことは、中嶋先生、豊田先生はもとより、現在および今までの指導者の先生方、現在及び今までの保護者の方々そしてオトナ会員もすべてOB・OG会に所定の事項をお届けいただくことで会員となっていただくことができ、また、OB・OG会もそれを心から願っているものであります。
現在までに、世界でご活躍の演奏家の皆さん、将棋九段の佐藤康光さんなど、続々と入会されています。
③現在、登録された本会会員は500人弱でありますが、私たちは近い将来、必ずや1,000人、2,000人と増えていってくれることを確信しております。
本会は有資格会員30万人と推定される壮大な広がりをもっています。その方々が「心のふるさとキラキラ星を共有する」仲間として「一生楽しめるスズキ・メソード」を展開しながら壮大な異業種集団として、お互いに交流していくことができる、そして切磋琢磨し合えることを夢見て私たちも精一杯お手伝いしたいと考えております。
鈴木先生はご自身のことを「アマチュアの大量生産株式会社の社長である」と喝破して才能教育運動を推進されました。私たちはこの「原点」を深く心に刻むべきと考えます。
Q2: OB・OG会はどのような活動をしていくのですか。
OB・OG会は、2010年5月16日の発足以来、OB・OGの皆様と活発な交流を続けております。OB・OG会主催として発足したコンサートや「楽器(楽譜)を持って集まろう会」、「室内楽を楽しむ会」などを主催してきました。詳しくは、活動状況のページをご覧ください。
何十年ぶりにタンスに眠っていた楽器や楽譜を持って集まって大いに演奏や交流を楽しむ企画は、今後さらにこのHPでお知らせさせていただきます。
才能教育研究会の三大行事のグランドコンサート、全国指導者研究会、夏期学校への参加などは、OB・OG会にとりましても大切な行事となります。
また、活動を全国の地域に広め、時には楽器を離れて、世界で活躍する演奏家の方々、各界でご活躍の皆様方と交流する機会も多く持っていきたいと考えます。
Q3: 会費はどのようになっていますか。
会費は年額3,000円で会計年度は毎年6月1日から5月31日です。
また、寄付もOB・OG会の貴重な支えとなります。
OB・OG会HPから登録ができますので、登録フォームをご覧ください。
会員登録フォーム

Q&Aの最終更新日 : 2017-08-22